はじめましての方はコチラ

夫の甲状腺癌闘病記15 手術室へ

入院翌日、手術の日

おはようございます!

※暗い内容、生々しい表現等増えるかと思います。

 苦手な方はご注意ください。

  また、医療行為や機器について、素人ですので正確性に欠ける描き方をしているところが多々あります。

 ご了承いただけるようお願いいたします。

 あくまで経験談としてお読みください。

前回は→「夫の甲状腺癌闘病記14 手術前夜

遠ざかっていく夫

手術着に着替え、T字帯をつけ(カテーテルを入れるため)、血栓予防に超着圧ソックスを履きました。

手術室に入った時は、置いていかれたような、取り残されたようななんとも言えない気持ちになりました。

自動ドアが他の人の出入りで開く度に奥へ進んでいく夫の姿が見えました。

夫の母(義母)もいたのですが、ふたりとも夫の姿が完全に見えなくなるまでそこから離れられませんでした。

 

→「夫の甲状腺癌闘病記16 手術開始」につづく