夫の甲状腺癌闘病記22 絶食・前編

絶食開始

こんにちは!

※暗い内容、生々しい表現等増えるかと思います。

 苦手な方はご注意ください。

  また、医療行為や機器について、素人ですので正確性に欠ける描き方をしているところが多々あります。

 ご了承いただけるようお願いいたします。

 あくまで経験談としてお読みください。

前回は→「夫の甲状腺癌闘病記21 感染

※1,2コマめ点滴書き忘れ

一番つらいのは配膳時間

壊れたΣ(=°ω°=;ノ)ノ

なんだか夫がすごい食い意地の人のようですがw

入院生活中、食事は数少ない楽しみで、食べられないのは想像以上にストレスだったそうです。

栄養剤を点滴している間は空腹感はそこまで感じないそうなのですが、点滴が切れると異常な飢餓感が…

最終的に食べたいものを叫びました。

「他の人の食事中は、部屋にいなければいいんじゃない?」

と言ったところ

「廊下が配膳車だらけで匂いが充満してそっちの方がつらい」

でした…。

気の毒すぎて言葉も出ず…ガックリ・・・

 

→「夫の甲状腺癌闘病記23 絶食・後編」へつづく