はじめましての方はコチラ

夫の甲状腺癌闘病記・番外編 癌の重みは突然やってくる

何気なく書いた甲状腺癌の文字

こんにちは!

昨日の出来事をすぐに描かずにはいられなくて、連続更新です奇跡です。←

夫がこどもたちを公園につれて行って、時間をくれましたキラキラ

※暗い内容、生々しい表現等増えるかと思います。

 苦手な方はご注意ください。

  また、医療行為や機器について、素人ですので正確性に欠ける描き方をしているところが多々あります。

 ご了承いただけるようお願いいたします。

 あくまで経験談としてお読みください。

うちの夫は癌患者

不意打ちで殴られたような気分でした。

なんで涙が出たのかもよくわからないです。

ブログに描いたりしてうまいこと発散しているつもりだったのですが。

夫もそこそこ元気ですし。

癌は夫のこの先の人生に一生まとわりつくんだなぁと、急に実感したから…?

甲状腺ホルモン剤と一生のお付き合いになるので、そんなことは百も承知のはずだったのに。

口にしたり、パソコンで入力するのではなく、自分の字で書いたということで重みが増した気がします。