夫の甲状腺癌闘病記35 甲状腺ホルモンの薬

甲状腺ホルモンの薬「チラージン」

おはようございます!

※暗い内容、生々しい表現等増えるかと思います。

 苦手な方はご注意ください。

  また、医療行為や機器について、素人ですので正確性に欠ける描き方をしているところが多々あります。

 ご了承いただけるようお願いいたします。

 あくまで経験談としてお読みください。

前回は→「夫の甲状腺癌闘病記34 こどもたち、荒れる・後編

※盛大に過剰表現しております。

こんなにあからさまに痩せたり太ったりしませんのでご安心を!

ホルモン剤があるから手術が出来たありがたさ

甲状腺を全摘したので、退院後は月一で血液検査をして、用量を調節しながらホルモン剤を服薬しています。

一時期どうやら量が多かったらしく、1ヶ月で5キロやせてしまったことがありました。

ところで、甲状腺という臓器からホルモンが分泌されているのを発見して、そのホルモンの薬を作っちゃったってすごくないですか?

どうやって作ってるのか気になって仕方ないです。

過去のたくさんの研究者や製薬会社の努力があって、今、臓器1個失っても夫は元気でいられています。

 

→「夫の甲状腺癌闘病記36 術後半年経過」につづく