夫の甲状腺癌闘病記・番外編 癌告知の裏話⑥

内緒にされたことより気になってしまったのは…

おはようございます!

前回は→「夫の甲状腺癌闘病記・番外編 癌告知の裏話⑤

シートベルト描き忘れ…。こどもたちは後ろに乗っています。

 

私が一番引っかかってしまったことは…

今まで癌告知の裏話で描いたことは、すべてこの車内で聞いたことです。

夫は特に後輩にバラしたことに怒り心頭でしたが、もう甲状腺全摘手術からしばらく経っていたし経過も順調だったのもあり、隠されていたこと含め「あ~あ、やっちゃったなお義母さん」くらいの気持ちでした。

発覚直後や手術前後に聞いていたら、こんなに落ち着いていなかったと思います。

夫にも同様に隠されていたわけですが、本人も何が最善かわからない精神状態だったんだろうと、何も思いません。

 

でも義母が先生の前で泣いた、号泣したと聞いたときものすごく気持ちが黒くなりました。

闘病中一番、真っ黒になりました。

 

→「夫の甲状腺癌闘病記・番外編 癌告知の裏話⑦」につづく